アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
トップページニュース>ネットカフェ難民はなぜ生まれるか

2008年01月06日

ネットカフェ難民はなぜ生まれるか

最近は「ネットカフェ難民」という言葉も定着してきましたが、
(定着したらマズいとは思いますが・・・)

ネットカフェ難民がなぜ生まれるのでしょうか。


いろいろな理由はあると思いますが、
私の考える理由としては、
・家賃が高い
・日雇派遣の問題

があげられます。

家賃もさることながら、敷金・礼金(礼金は地方によってない場合もあるようですが)を考えると、
ある程度の収入がないととても部屋を借りることができません。


また、ネットカフェ難民のほとんどは、派遣労働者です。
派遣労働者にもいろいろありますが、
ネットカフェ難民の場合は、いわゆる日雇派遣になります。


日雇派遣以外の派遣のお仕事については、
大体においては、まだ良心的です。

“日雇派遣”というのが、ネットカフェ難民が増える一番の問題点です。


日雇派遣の場合、仕事が入るかどうかは、だいたい前日に派遣会社から連絡があります。
そして仕事があれば仕事場へ行き、仕事がなければそのまま休みとなります。

これはかなり不安定な仕事ですし、
なによりこれは“アルバイト”です。

日雇派遣で働くのなら、普通にアルバイトをしたほうがまだ良いでしょう。


しかし、次の就職先を探している場合、
普通のアルバイトだと就職活動がちゃんとできず、
次の仕事までの“つなぎ”という観点からすると
日雇派遣というのは、労働者にとっても都合が良いわけです。

また、日雇派遣の場合は給料がすぐにもらえることがほとんどです。
はやければ仕事をしたその日の夕方にももらえることもあります。

これは非常に便利なようで、実は怖いことです。



日雇派遣にはいるようになると、
手取り金額が少ない上に、
交通費のほとんどを自腹で支払ったり、
急に仕事がなくなったりして、
思うように稼げません。


一気にお金がなくなるのなら、
なんとかできるうちに、引っ越すなり違うアルバイトを探すなりなんとかするのでしょうけど、

日雇派遣では、徐々に徐々にお金が減っていきます。


しかし日雇派遣は給料がすぐにもらえるため、
生活費が自転車操業状態になるのです。
そうするともう、敷金礼金のかかる引越しなんてとてもできません。


実家に帰れるなら実家に帰るなり、
友達の家にお世話になれるのならお世話になるなりして、

とにかく仕切りなおしをするほかは、

ネットカフェ難民から抜け出す方法はありません。


そもそも、ネットカフェだって安くはないのです。
一泊すれば千円は必要です。
30日泊まれば3万円です。

ネットカフェも、大体駅前にあるのでたまに一泊するのであれば、
次の朝便利だし良いかもしれませんが、

ずっとネットカフェに泊まるとなると、
身体は休まらないでしょうね。

体が資本の日雇派遣労働者にとっては、
体を壊しでもしたら、なんの保障もありません。


今のネットカフェ難民の解決を図るには、

私個人的には、

住む場所を安くで確保できるということが絶対条件のように思います。

逆に、住むところが確保できるなら、
たとえ日雇派遣で働いていたとしても、
まだ仕切りなおしをすることが可能でしょうね。

タグ :ニュース

同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
センテンススプリング
東京オリンピックのエンブレムが盗作かどうかとか言う前に
JR南浦和駅で挟まれた女性を救助・・・海外でもニュースに
よく通う全国チェーンのラーメン店ランキング
たこフェリー減便へ
星野ジャパン、五輪出場権を獲得 逆転で台湾下し3戦全勝
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 センテンススプリング (2016-01-30 14:57)
 東京オリンピックエンブレム、使用中止だって (2015-09-01 18:26)
 東京オリンピックのエンブレムが盗作かどうかとか言う前に (2015-08-08 16:32)
 STAP細胞論文不正問題、小保方晴子の反論は却下 (2014-05-08 22:41)
 JR南浦和駅で挟まれた女性を救助・・・海外でもニュースに (2013-07-26 21:07)
 原発を輸出って、正気なのか (2013-05-07 22:40)
この記事へのコメント
抑圧的な、完全共産、社会主義に反対です。が、そこで有効なのは共産主義&資本主義の折衷の、投資家、資産家、企業に対する高課税による弱者保護の共産性の確保と経済、社会のコントロールの手法です。
これが、構造改革前の護送船団方式や所得倍増計画や日本列島改造論の頃の日本や、ニューディール政策の頃のアメリカにはありました。
国家によって積極的に、計画的に経済や国民生活の保護をして悪いのか?の問題です。
新自由主義(ネオリベラリズム)の自由競争、自由貿易、市場原理主義は、今のグローバル競争社会において、社会的弱者に世界競争の弱肉強食を強要します。
それが物事を分かっている筈の良識ある現代人、文明人のすることか?の、疑問があるのです。
情報、産業、経済、文化のグローバリゼーションの時代、世相だから、国家は反グローバリゼーションの必要性を認め、社会的、経済的弱者を保護する必要があると考えます。
地球温暖化で生物の希少種の絶滅が進んでいます。それと同じ様に、グローバル化によって弱者の人達の希少種の絶滅が進んでいると考えます。
レッドデータブックに載りそうな真面目人間の『ネットカフェ難民』程、現在の投資主体の世界経済、社会を理解出来ずに野垂れ死んで逝くと思います。

※『LTCM』
※『サブプライム問題』
※『小泉構造改革』
※『ワーキングプア』
※『派遣 労働組合』、『雨宮かりん』
※『グローバル化競争、『グローバル競争社会』
※『反グローバル化』』、『反グローバリゼーション』
※『貧困世帯』

をネットで検索してください。
世界は投資、金融支配のグローバル化による第3次世界大戦状態です。

『ネットカフェ難民』に現在の日本や世界の現状を理解してもらう為に、上記の事を『ネットカフェ難民』に対してチェーンメールの必要性を感じます。
Posted by 戦う白ネズミ、アルジャーノン at 2008年02月26日 01:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。