アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
トップページ新庄>新庄のこだわり

2006年10月31日

新庄のこだわり

大スターにふさわしい『日本一』(新庄カウントダウン プロ野球)

「新庄カウントダウン」の記者によれば、

新庄への取材での禁句が2つあったとのことです。



 そこに、とことん、こだわっていた。「スタンドの『観衆』が…」と「今日は『観客』が…」などと質問をすれば、途中で遮られた。新庄選手から「それ(観衆、観客)はファンね!」と言い直させられた。たまにはちょっと怒気も含んでいた。もう1つも一緒。「明日は『札幌』のファンが…」「今は『札幌』では…」などと質問した時には、「いや札幌じゃなく、北海道ね!」と即座に訂正して質問をし直された。北海道日本ハムファイターズの球団名どおり、本拠地は「札幌」ではなく「北海道」だと力説し続けた。


「観衆」や「観客」ではなく、「ファン」

「札幌」ではなく、「北海道」


「観衆」「観客」というと、第三者として見ているだけ、という感じですが、

「ファン」というと、仲間であり、一緒に戦っているという意志の表れ、


「札幌」というとごく一部の限られた街、という感じですが、

「北海道」というと、隅々までの北海道全域にまで及んでいるように思われます。


豪放磊落(らいらく)に見えても、小さなことにこだわる意識はすさまじかった。必ず発言、行動の1つ1つに対し、「受け手」の立場を考えていた。それがパフォーマンスを敢行する意識、勇気にもつながっていたのだろう。日本ハムのチームメートに対しても同じ。新庄選手と食事中にひじをついて食べていた稲田選手は、厳しくこう注意されたという。「その腕、切るぞ!」。もちろんジョークだが、相手に失礼がないような礼儀作法にまで執着していた。後輩にまで自分のこだわりを説き、徹底させた。

新庄が好き勝手にやっているように見えて、「受け手」の立場をちゃんと考えているというところに、

新庄の自分に対する厳しさが見えます。

また、自分に対する厳しさを人に見せないあたりが、

私の尊敬する理由のひとつでもあります。

新庄引退

外野作戦会議
(この画像は、nikkansports.comでお借りしています)

同じカテゴリー(新庄)の記事画像
グラブも言った「無理だ」
同じカテゴリー(新庄)の記事
 今年日本のスポーツ界にもっとも貢献した人物はSHINJO (2006-12-16 12:02)
 グラブも言った「無理だ」 (2006-10-29 12:58)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。