アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
トップページいろいろ>朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?その6

2008年01月18日

朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?その6

「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?」

「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?その2」

朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?その3

朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?その4

朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?その5

の記事のつづきです。


これまで、『仕事』『家庭』での、

1人~4人を見てきました。


人数が少ないほどお互いに影響を受けやすく、
人数が多くなるほどお互いに影響を受けにくくなります。

そして、
人数が少ないほど自分を主張でき、
人数が多くなると相手に合わせる必要があります。


人数が少ないときにはお互いに影響を受け,
なおかつ自分も主張することになるのです。

これは、言葉そのままです。


人数が多いときにはお互いに影響を受けにくく、
なおかつ自分を主張するのでなく、みんなに合わせることになります。



朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足の動物は何?その4

では、相対評価をしてしまう子どものことを書きました。

「みんなに合わせる」ことと「相対評価」は似ていますが別のことです。


「みんなに合わせる」というのは「自分も相手も評価する」ということで、
「相対評価」というのは「他人と比べた自分」を見ることです。



相対評価をしてしまう子どもが自分に自信を持つには、

絶対評価をすることが一番の方法です。

そしてもうひとつ、
もう一人の子どもに負けないように頑張ること。

これも良いです。

違いは、前記が「オンリーワン」を目指しているのに対して、
後記は「ナンバーワン」を目指していることです。


近年、オンリーワンがもてはやされていますが、
ナンバーワンになることも、とても素晴らしいことです。

ただ競争のための競争になるのが、あまり良くないということなだけです。



人数が多くなったときには、
他の人に合わせながら自分を出す、
ということが必要になってきます。

これはなかなか難しいことかもしれません。


・・・もうちょっとだけつづく

同じカテゴリー(いろいろ)の記事画像
長田の鉄人28号、建造中
自分の説明書メーカーをやってみました
どっちに見える?
日本の極み:桜
Google
うつと鬱と空
同じカテゴリー(いろいろ)の記事
 風と大地のコンサートより (2010-06-03 21:28)
 インフルエンザ対策 (2009-11-26 00:29)
 長田の鉄人28号、建造中 (2009-09-19 11:38)
 献血に行ってきました (2009-06-19 07:24)
 風音美容室 (2009-06-11 20:39)
 自分の説明書メーカーをやってみました (2009-02-21 11:20)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。